ニュース コラム グッズ 来日情報 お問合せ

全コーナー一覧

サイトマップ

▼検索したいコーナーをお選びください。

作品ガイド

ドラマ我が家の女性たち

原題 우리집 여자들
原題訳 我が家の女たち
監督 チョン・チャングン
公開日 2011年05月16日
話数 125話

あらすじ

裕福ではなくても、明るくつつましく生きる女性コ・ウンニム(チョン・ウンチェ)。

優れた頭脳に財力、外見をもちながら、大人になりきれないイ・セイン(ジェイ)。

好きな人だけを見つめて一直線に突っ走るホン・ジュミ(ユン・アジョン)。

彼らには、個性豊かな両親に兄弟、親族がいる。

ウンニムの家には、80歳を越えてもお姫様扱いが抜けない曾祖母(キム・ヨンオク)から、大黒柱の祖母マルナム(パン・ヒョジョン)、それに養子のようにウンニム家で暮らすジンスク(ナ・ヨンヒ)とその息子ジュニョン(チェ・ミンソン)がいる。

年頃のジュニョンをのぞけば、住人の全員が女性。20代から80代まで、世代も生きてきた境遇もてんでバラバラだ。

ウンニム家に比べて裕福なセイン家はというと、有機農業の業界で会長をつとめる祖父(キム・ソンギョン)を筆頭に、ジンスクに思いを寄せる叔父ソンジュ(キム・ビョンセ)、妻に頭が上がらない父(イ・ヒド)、セインに企業の後を継がせようと画策する母(ヤン・ヒギョン)、傍若無人な妹セラ(ユ・ソヨン)と、こちらも一筋縄ではいかない。

セインに首ったけのジュミはというと、品と教養がある母(イ・ヘスク)に家庭的な父(カン・ナムギル)、できた姉にストレスを感じる妹ユンミ(カン・ソラ)、姉のようにはならないと幼心に悟る末っ子ジン(チェ・ウォノン)、独身の叔父(チェ・ジェウォン)、という構成だ。

祖母、曾祖母と暮らすウンニムの願いは、玉の輿や金持ちになることではない。

「尊敬するおばあちゃんをタクシーに乗せてあげること」

ささやかな夢を見ては希望を抱き、こつこつとお金を貯めている。

そんないじらしいウンニムの影響を受けて、根っからのお坊ちゃまセインは自分の幸せとは何か、それを手にするにはどうしたらいいのか考えるようになる。

もちろん、セイン一筋のジュミにとってはおもしろくない。

3人は家族を巻き込んでさまざまな壁にぶち当たる。

再婚に対する恐れ、老後の恐れ、交差する母親の愛情。

お金でも血縁でもない、この世で一番大切なものを三家族の女性たちが伝える!

出演者

チョン・ウンチェ
コ・ウンニム 役
ジェイ
イ・セイン 役
ユン・アジョン
ホン・ジュミ 役
チェ・ミン
チェ・ジュニョン 役
パン・ヒョジョン
キム・マルナム 役
キム・ヨンオク
チェ・ジョンオク 役
ヤン・ヒギョン
ホ・イネ 役
ユ・ソヨン
イ・セラ 役
カン・ナムギル
ホン・ギュマン 役
カン・ソラ
ホン・ユンミ 役
イ・ジフン(タレント)

ニュース

2018/02/13 13:18
チョン・ウンチェ、IOKと専属契約満了
2013/10/15 14:27
カン・ソラ、イ・ボヨン&イ・ジア所属事務所に専属契約
もっとみる