ニュース コラム グッズ 来日情報 お問合せ

全コーナー一覧

サイトマップ

▼検索したいコーナーをお選びください。

作品ガイド

ドラマ私の国-序幕-

原題 나의 나라
公開日 2019年10月04日
話数 16話

あらすじ

高麗時代末期の1388年。

高麗時代最強の剣使いと呼ばれた男、ソ・ゴム(ユ・オソン)を父に持つソ・フィ(ヤン・セジョン)は、処刑された父の汚名を着せられたまま、父の処刑にショックを受けたてんかん持ちの妹と、最下級の暮らしをしていた。

一方、高官の父親を持ちながら、母親が奴婢出身の為その存在を隠して生きてきたナム・ソノ(ウ・ドファン)は、高い身分ながら彼自身の存在を認められず、身分へのコンプレックスと出世の欲が深かった。

そんなフィとソノは身分こそ違うが、幼い頃から剣や弓を共に学び、切磋琢磨して育った幼馴染であった。

ある日、大きな戦いを控えて朝鮮王朝では20年ぶりに武科の試験を行う事に。
それを聞き、フィは自分の生活を豊かにする為、ソノは自分の出世の為に試験を受ける事にする。

後日、フィが武科試験を受ける為の登録をしに行くと、罪を犯し、処刑された父を持つという理由で受験を拒否されてしまう。尊敬する将軍であるイ・ソンゲ(キム・ヨンチョル)と狩りに行くことになっていたソノは、そんなフィを見て「将軍様の目に留まれば、受験を許してもらえるかもしれない」と、イ・ソンゲとの狩りの場に、フィを連れていく。

そこでフィは優れた弓の才能を発揮し、ソンゲの計らいで武科試験受験の許しを得ることができた。

だがソンゲはソノの父親、ナム・ジョン(アン・ネサン)に「ソノが首席で武科試験に合格すれば、次の戦いではお前を副官にしてやろう」と告げる。
武科試験の当日、息子を首席で合格させようとしたナム・ジョンは不正を働き、その不正により、フィは不合格になってしまう。ソノは不正を知り、憤りを覚えるが、黙っていれば自分の出世にも繋がると告げられ、心が揺らぐ…。
また、その不正を知る者を全て処理しろと命令されてしまったのだ。

幼馴染であるフィを殺せないソノは、朝鮮軍の先発隊として戦いの最前線にフィを送る事にするが…

出演者

ヤン・セジョン
ウ・ドファン
キム・ソリョン
チャン・ヒョク
キム・ヨンチョル

ニュース

2020/07/06 10:00
ウ・ドファン、本日非公開で陸軍に入隊
2020/05/12 10:40
ヤン・セジョン、本日(12日)現役入隊へ
もっとみる

レポート

ドラマ『私の国』制作発表会

STAR INTERVIEW

チャン・ヒョク、朝鮮の王を演じるのは二度目となった作品『私の国-序章-』

コラム

今の流行りは“一重”?俳優ヤン・セジョンをピックアップ♪