ニュース コラム グッズ 来日情報 お問合せ

ログイン状態:

未ログイン

全コーナー一覧

サイトマップ

▼検索したいコーナーをお選びください。

旬記事まとめ

【注目ニュース】バーニングサン事件まとめ

2019/02/25
【注目ニュース】バーニングサン事件まとめ

BIGBANGのV.Iが経営する江南(カンナム)区のクラブ「バーニングサン」で、暴行事件が発生し、物議を醸した。



事の発端


「『バーニングサン』で警察とボディーガードに殴られた。そのクラブはスンリが運営するクラブだ」という内容が昨年12月、インターネットサイトに投稿されたことで事件は発覚。

この投稿をしたA氏は、投稿する1ヶ月前に「バーニングサン」を訪れたという。「薬で意識が朦朧としている女性が連れて行かれるのを止めようとしたら暴行された」と主張した。

A氏の被害内容


韓国ニュース番組にて、暴行当時の監視カメラ映像が公開された。その映像には、ボディーガードらが男性客を外に引きずり出し、足をかけて転ばせる姿が映っており、さらにその後もA氏は「バーニングサン」の理事B氏から頭と腹部を複数回殴られているのが確認できる。
【注目ニュース】バーニングサン事件まとめ
上:被害者A氏、下:監視カメラ映像 (c)MBCニュースデスク画面キャプチャ
ボディーガードとB氏がクラブへと戻ると、A氏は警察に通報。だが、現場に到着した警察は、クラブ関係者と話をした後、A氏に手錠をかけたのだという。

警察の対応に疑問


「(警察は)何の理由もなく僕に手錠をかけた。クラブ襲撃容疑者扱いをされ、ボディーガードたちは『自分たちは暴行していない』と嘘をついた」と主張。

この時「バーニングサン」側は警察に「A氏が他のお客様と口論になっていた。性暴行加害者と聞き、彼を外に出し殴った」と陳述。警察は「A氏はとても興奮している状態で、物を蹴るなど業務妨害していた」と説明したのだった。

A氏は、自身のインスタグラムを通じて「性暴行をしてもいないのに警察に暴行された」と主張。

これに対しクラブ側は、暴行については謝罪しながらも麻薬、性的暴行など他の疑惑については否認し。捜査を進めている江南警察署は、ホームページにコメントを発表して癒着関係、過剰鎮圧などについて釈明した。

V.Iが理事を辞任

【注目ニュース】バーニングサン事件まとめ


クラブと警察側の立場が発表されたが、クラブ内で麻薬が使われたという関係者たちの証言や、これらの内容が疑われる監視カメラが続けて公開され、騒動が大きくなると、V.Iは1月末に理事職から辞任。この対応には、世間からの反感を買った。さらに、スタッフがセクハラ疑惑で立件されたというニュースも伝えられ、世論はより一層悪化した。

結局、YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク会長がコメントを出し、V.Iは今回の事件と直接的な関連はなく、広報を引き受けただけでクラブ経営には参加していないことを明らかにした。また、軍服務に関する法令を守るため、理事職から辞任したと説明。V.Iも2月2日に自身のSNSを通じて騒動について釈明した。

だが、世間からは100%信頼を得ることはできなかった。

捜査はこれからも続く見込み

【注目ニュース】バーニングサン事件まとめ

現在もクラブ内での麻薬などについて捜査は続いている状況となっている。

そんな中、V.Iは2月16日の午後、ソウル松坡(ソンパ)区芳夷(バンイ)洞オリンピック公園SKハンドボール競技場で、初ソロツアー「SEUNGRI 1st SOLO TOUR THE GREAT SEUNGRI FINAL IN SEOUL」を開催した。

ステージを披露する直前には、“バーニングサン”騒動を謝罪。

「僕を応援してくださった皆さん、申し訳ありません。多くの方々に失望とご心配をおかけし、心から反省しています」とし、「騒動に対して責任感を持って対処しなければならなかったのですが、そうできませんでした。恥ずかしく後悔しています。すべて僕の不覚の致すところです」と語った。

また、彼は「有名人である分、これからは深く考えて慎重に行動しようと思います。これまで謙虚ではない姿をお見せし、軽率だった点を謝罪いたします」と伝えた。

一方、V.Iは今年1月に香港、マニラ、東京公演を開催した。 23日にシンガポール、3月9~10日に大阪、3月17日にジャカルタで海外ツアーを続ける予定だ。

(c)posutoshea(https://m.post.naver.com/my.nhn?memberNo=3830854)/STARNEWS

※会員の方はログインをお願いいたします

(ログインされていない場合、非会員用ページが表示されます)